美容の世界も、約35年位前 年末といえば31日は、大入り満員

美容の世界も、約35年位前 年末といえば31日は、大入り満員私の記憶をたどりますと

美容の世界も、おおよそ35年位前

年末といえば、31日は、大入り満員

 

その31日の日は、ほとんどのお客様が

シャンプーブローとかアップの方です

 

段ボール2杯分くらい、アップに入れる

たぼ毛(トップ)を30日から準備したものです。

 

なんと最後の31日はお客様100人強超え!!

達成感は、半端なかったのです。

さかのぼるとこの業界は

 

日本では大正時代から学校が続々と誕生し、さまざまなヘアスタイルも生まれていきましたが、
理容師・美容師が免許で区別されるようになるのは、まだもう少し先のこと。

1947年に理容師全般の職務や資格を規定する「理容師法」が誕生し、
10年後、1957年になると理容師法から独立する形で「美容師法」が誕生しました。
現在、この法律には理容師と比べて美容師の仕事を
「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること」と定められています。
“キレイにするためのヘアカット”が仕事の美容師ですが、
約60年前に、今の形での美容師が誕生していたのですね。

引用:https://www.kenkou-job.com/plus/beautician/113.html

その後カット技術の革命とも言えるのが、ヴィダル・サスーンが編み出した

「サスーンカット」でその当時劇的に業界が変わりました。

 

私は、その当時の先生がいち早くそのテクニックを

取り入れ一店舗サロンを構えておられて

そこへ新人として入社しました。

 

とにかくすごかったのは、寒い日も、暑い日も

お客様が外で10人位並んでいらっしゃると言うこと

開店と同時にスタッフが並んで、百貨店並みのお出迎えでした。

 

毎日が、夜は12時過ぎ朝は6:00から早朝トレーニング

そんな毎日でも嫌になるどころか、毎日が充実していて

感動の毎日でした。

 

私が入社したサロンは業界では早くその流れを察知して、

どんどん進んで、ブラッシュUPをしていった

その時代の成功者のストーリーがあると感じています。

 

そんな昔のことを思い出しながら、

いま様々な業界が、進化し変化ている中

微力ではありますが、進みつずけなければならないと

切磋琢磨しております。

マレオットのリラク&ビューテーのすすめblogに

リラク&ビューテーのスタッフがブログを書いています。

こちらも見ていただけると倖せです。

 

トップゼネラリスト   代表 井手上倖子