PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd"> 名東区藤ヶ丘美容室【クープエフェラージュ研究会】 | 名東区藤が丘・美容室マレオット

名東区藤ヶ丘美容室【クープエフェラージュ研究会】

スナップショット 4 (2015-01-26 14-39)

名東区藤ヶ丘美容室【クープエフェラージュ研究会】 

「質感」全体のフォルムを考える!セニングに頼らないカットテクニック 第1回目

▪️カウンセリング
まずお客様の顔の形、大きさ、身長などのバランスを見て、 どの位置にどの位のボリュームが必要かを考える事が重要である。
その上ではじめてヘアスタイルを考えていく、 お客様がしてほしいスタイルを持ってきたとしても、それをそのまま被せるのはナンセンス。 似合わせを考えアレンジをしていこう!

  ▪️サロンワークの流れ
ボリューム設定→髪質診断→使うテクニックを決める→水分バランスを考える→カットの前の重い部分(余分なボリューム)から切り始める。 →お客様に立っていただきバランスをチェックする。 →同じお客様で同じスタイルを求められたとしても同じテクニックを当てはめないで、疑ってかかることが必要である。

  ▪️coupe 3Dの6つのテクニック

1 グリセ(量感調節)………………A図

2 ミ・メッシュ(量感調節)…………………B図

3 サイドエフェラージュ(量感調節)…………………C図

4 エフェラージュ(長さを切る)
   インレイヤーエフェラージュ……………………D図
   レイヤーエフェラージュ(長さ)…………………E図

5 エクステリアエフェラージュ…………………F図

6 ネット(長さ)………………………G図

問題は長さが残っているか量が残っているかで分かれていく。 見て触って動かして何度もチェックしそれに合ったテクニックを使おう!



▪️ボブスタイルを作る時の考え方

図H 質感・量感を合わすために
計算して、①.②.③.を使い分けよう!
                 重い⇨軽い

coupe3Dの基本的な考えをふまえ、サロンワークに即実践できるテクニックを学んでいく。 ここまでは、㈱CLASSICOhair様のご厚意により引用させて頂きました。


クープエフェラージュ勉強会 仕上がったスタイルは、
  風に吹かれ、さらに人の動きによって乱れた時ほど美しさがパワーアップする
一度体感すると、その気持ち良さ、素晴らしさは癖になるはず!

詳しくは、http://mareehaute.co.jp/recruit/recruit-4/

関連記事

コメントは利用できません。

return top